事業活動

事業活動 自主研究

わが国および諸外国における信託法制、信託事業およびそれに関連する金融・経済に係わるテーマについて、当財団が研究会を運営している研究です。現在進行中および直近まで実施していた研究テーマやメンバーは下記の通りです。

(敬称略・順不同)

「信託と任意後見等の最適な連携等に関する研究」

自主研究 (2020年1月~約1年を予定)

 

信託と任意後見等の最適な連携によるサービスの提供等について研究するもの。

 

● 新井誠(中央大学教授)

● 清水恵介(日本大学教授)

● 伊庭 潔(下北沢法律事務所弁護士)

● 高橋 弘(けやき野司法書士法人司法書士)

● 髙橋正樹(みずほ情報総研チーフコンサルタント)

● 時丸和好(トラスト未来フォーラム副理事長)

● 八谷博喜(三井住友信託銀行PB企画推進部)

● 大石優香(三井住友信託銀行個人企画部)

 

「デジタル化社会における新しい財産的価値と信託に関する研究」

 自主研究(2019年11月~約1年を予定)

 

 仮想通貨などの新たな財産的価値について、信託制度の活用の可能性とそれに伴う諸問題を検討するもの。


● 畠山久志   ( 中部学院大学 教授)

● 後藤 出   ( シティユーワ法律事務所 弁護士・パートナー)

● 小川宏幸  一橋大学 教授) 

● 小口 忍  (一般社団法人日本仮想通貨交換業協会) 

● 金子得栄  公益財団法人日本証券経済研究所)

● 横田清典  (コイネージ株式会社) 

● 三島 一祥 (合同会社Keychain 

● 歌代哲也  (立正大学 講師)

● 田中和明 ( トラスト未来フォーラム 研究主幹) 

● 福岡泰彦  (三井住友信託銀行信託開発部) 

松田和之  (三井住友信託銀行コンプライアンス統括部)



「信託実務の法的論点に関する研究」

 

自主研究(2019年9月~約半年を予定)

 

    信託実務に関して、民事信託・商事信託における信託法の解釈と一定の対応策を提示することを目指すもの。


  田中和明 ( トラスト未来フォーラム 研究主幹

●  井上 聡 (長島・大野・常松法律事務所 弁護士・パートナー)

  冨田雄介 岩田合同法律事務 弁護士・パートナー)

●  小出卓哉 (弁護士)

●  関 貴志 (三井住友トラスト・ホールディングス監査委員会室)

●  佐久間亨 日本トラスティ・サービス信託銀行コンプライアンス管理部)

●  長屋 忍 (三井住友信託銀行信託開発部)

●  高橋智彦 (三井住友信託銀行法務部)

「金融取引と課税」

自主研究(2019年9月~約2年間を予定)

金融取引と課税に関して検討を重ねる研究<第7期>。


● 中里  実 (東京大学 教授)
● 増井良啓 (東京大学 教授)
● 渕 圭吾 (神戸大学 教授)
● 浅妻章如 (立教大学 教授)
● 吉村政穂 (一橋大学 教授)
● 藤谷武史   (東京大学 教授)
● 神山弘行 (一橋大学 准教授)
● 長戸貴之 (学習院大学 准教授)
● 藤原健太郎(東京大学 助教)
● オブザーバー 関口恵児 (三井住友信託銀行業務部)
 

 

「信託の理論と応用 ―イギリスと日本の比較―」に関する研究

自主研究(2019年5月~約2年を予定)

 

 我が国の信託制度における理論面での課題について、信託制度の発祥の地であるイギリスの制度内容や研究経緯・成果などを分析して研究を進める。


● 能見 善久 (東京大学  名誉教授)

 沖野 眞 東京大学  教授)

● 山下 純司 (学習院大学  教授)

● 溜箭 将之 立教大学  教授)

● 原 恵美  (学習院大学  教授)

● 中原 太郎 東京大学  准教授)

● オブザーバー  高橋智彦(三井住友信託銀行法務部)

 

ページの先頭に戻る

より名称変更しました。