事業活動

事業活動 助成案件

当財団では信託およびその関連分野に係る調査研究活動に対して助成を行っています。直近の助成案件は下記の通り。

2013年度の助成案件

 

(1) 信託契約に関する日中比較法研究
(2) 「台湾信託法の理論と実務」の出版
(3) 第3回東アジア民事法国際シンポジウムの開催
(4) 債権等の共同相続をめぐる法律問題の検討
(5) 信託の実務的利用促進と法的諸問題に関する研究
(6) 「ファンドレイジング日本・2014」大会開催
(7) 国際交流事業日独まちづくり研究「都市の間」 成果紹介 ☞ 「風雲! 小倉城」
(8) マンションの改修・建替え・解消に関する手法および制度の構築に関する研究
(9) 死後の事務処理と信託
(10) 信託法第3次リステイトメントの完成を踏まえた日米信託法の比較研究
(11) サスティナブル不動産普及に向けた、マルチステークホルダーによるビジネスモデル構築の研究
(12) 岩手県大槌町まちづくりにおける建築多元媒介事業研究
(13) 原子力発電の廃炉スキームにかかわる信託利用のケーススタディ
(14) 固定資産税を活用した官民連携型地域再生ファンドの可能性
(15) 企業買収における信託法理の研究
(16) 受託財産の運用としての株式の議決権行使に関する比較研究
(17) 公共工事の品質維持及び向上の為の入札制度の研究

2012年度の助成案件

(1) 「信託の実務的利用促進と法的諸問題に関する研究」
(2) 「岩手県大槌町の復興まちづくり活動を対象とした信託の活用に関する研究」
(3) 「CSRとコーポレート・ガバナンスをテーマとしたカンファレンス開催」
(4) 「SRI啓蒙を目的とした調査とシンポジウム開催」
(5) 「ファンドレイジング日本・2013」
(6)

「空き家空地対策に関する研究」

(7) 「スマートシティプロジェクトの安定的な運営における課題の研究」
(8) 「自然資本の経済的評価の方策に関する研究」

 

2011年度の助成案件

(1) 「限定責任信託をめぐる諸問題の研究」
(2) 「財産管理の客体論」
(3) 「信託と手続法に関する研究」
(4) 「信託等の資産の管理運用制度に関する研究」

ページの先頭に戻る