事業活動

事業活動 在庫目次

在庫のある報告書に関して、論文名・執筆者のお名前をご紹介しています。
「オーダーフォーム」から、申込が出来ます。

90財産の管理、運用および承継と信託に関する研究

オーダーフォームへ

 

財産承継を目的とする信託における委託者の債権者の地位

~債権者詐害的な遺言信託等に対する委託者の債権者の保護~(岩藤美智子)

匿名組合の営業者が負う義務・責任に関する覚書 

――受託者・業務執行社員と対比して――(高橋陽一)

持株制度による取得株式の議決権行使をめぐる法律関係の検討

――アドバネクス事件判決を手がかりとして―― (山下徹哉)

信託についての権限を有する者の定めがある信託について

――Uniform Direct Trust Actとその前後を中心にして――(木南敦)

アメリカにおける統一信託デカント法の検討 (木村仁)

詐害信託の法律関係についての理論的検討 (和田勝行)

死因贈与類似の効果をもつ信託の効力 (佐久間毅)

相続人に対する財産承継と持戻し (宮本誠子)

受託者が複数ある信託における信託事務の執行と

        顕名の要否に関する一考察 (野々上敬介)

89信託その他制度における財産管理承継機能

オーダーフォームへ

 はしがき (能見善久)

Ⅰ 総論 (能見善久)

Ⅱ 信託を用いた財産管理・財産承継の機能

  遺言代用信託 (能見善久)

  信託を用いた事業承継

――株式管理信託(議決権信託)の有効性 (松元暢子)

Ⅲ 信託と比較される他制度

  委任と信託の比較

――利益享受の禁止及び公平義務について( 山下純司)

  成年後見・不在者財産管理と信託(久保野恵美子)

  信託と一般財団法人 (山田誠一)

  信託と保険 (田中和明)

Ⅳ 税の観点から見た信託と類似制度 (藤谷武史)

 

88高齢社会における任意後見・任意代理・信託の活用について

オーダーフォームへ

 

じめに (新井誠)

 

信託による任意後見の補完 ~日仏法の比較を踏まえて~ (清水恵介)    

 

 高齢社会における任意後見・任意代理・信託の活用について

~学界の動向と方向性~ (清水恵介)  

 

超高齢社会における任意後見・任意代理・信託の活用について (伊庭潔)

 

成年後見制度の利用状況と課題認識

-シンガポールからの示唆と司法書士会の動向・方向制について- (高橋弘)    

                                   

成年後見制度利用促進の進捗 (髙橋正樹)                                  

 

成年後見制度の新たな展開―補助,任意後見,信託の融合 (新井誠)              

 

日本における持続的代理権の課題(比較法的見地から)(八谷博喜)                

 

「信託」機能を活用した商品・サービス開発の方向性 (大石優香、若松広明)         

 

信託と任意後見・任意代理との連携等(時丸和好)                            

 

高齢社会における日常生活の支援(早坂文高)

 

 

 

 

87商事信託法の現代的課題

オーダーフォームへ

 はしがき (神田秀樹・神作裕之)

 

商事信託のガバナンス構造についての覚書

    -「運用型」と「事業型」の比較 (行岡睦彦) 

 

合同運用に関する実務上の問題点 (田中和明) 

 

中国における収益兼信託の実務及び法的問題点 (段磊) 

 

米国における信託の信託の利用 (松元暢子)

 

 

86外国信託法研究――遺言代替と信託法の緒論点

オーダーフォームへ

まえがき       (樋口範雄) 

 論文紹介:オーストラリアおよびニュー・ジーランドにおける遺言代替方法 (岩田太) 

 フランスにおける遺言代替 (宮本誠子)

 遺言代替に関する諸制度についての覚書

――ドイツの遺言代替に関する論文から――(野々上敬介) 

信託法の伝播と変容――コモンウェルスの3論文から (溜箭将之)  

受認者の注意義務についての覚書

-――アメリカにおける会社と信託の比較――(行岡睦彦)  

ESG投資とfiduciary duty (樋口範雄) 

 米国証券法における「有価証券」及びEU資本市場法における「流通証券」

-――信託受益権の金商法上の取扱いの検討に向けた準備作業-―― (神作裕之)  

日本信託法から見た中国信託法の特徴 (田中和明) 

日本のフィデューシャリー法:比較法・トランスナショナル法の視点  

      (溜箭将之・行岡睦彦)

The Japanese Law of Fiduciaries from Comparative and Transnational Perspectives 

Masayuki Tamaruya & Mutsuhiko Yukioka

ページの先頭に戻る