• HOME
  • 事業活動 新刊案内

事業活動

事業活動 新刊案内

事業活動の成果内容は出版・研究叢書などにより公表しています。このページでは出版物・研究叢書の最新刊について紹介します。

過去の成果内容については出版物一覧研究叢書一覧をご参照ください。

資産の管理・運用・承継と信託に関する研究

資産の管理・運用・承継と信託に関する研究

 ★ 本研究叢書は無償配布いたします(送料のみご負担下さい)。

 

                      ☞オーダーフォーム

 

 

 本書は「財産の管理、運用および承継と信託に関する研究」の研究成果です。

 

 

<目次>

 

はしがき

 

遺言による処分を対象とする詐害行為取消しについて (岩藤美智子)

 

受託者が法人である場合における役員の連帯責任に関する一考察 (高橋陽一)

 

複数受託者と信託にかかる事務の分担 (木南 敦)

 

遺言信託の効力の発生と特定物たる信託財産権利移転をめぐる問題 (野々上敬介)

 

アメリカにおける撤回可能信託に関する一考察

 ――委託者の能力喪失と受益者による権利行使をめぐる議論を中心に―― (木村 仁)

 

信託の効力に関する一考察

 ――東京地裁平成30年9月12日判決 (金融法務事情 2104号 78頁)をもとに (佐久間毅)

 

財産の死因処分と、処分者による撤回・変更可能性

 ――遺言・死因贈与・遺言代用信託を比較して―― (宮本誠子)

 

信託と遺留分に関する一考察

 ――相続法改正をふまえて―― (木村敦子)

 

信託課税研究の道標

信託課税研究の道標

 Milestones in Trust Taxation Research

信託課税研究の地平を切り開く一冊

 

信託法理の生成を振り返るとともに、信託の財産権の転換機能に伴って生じる課税上の諸問題および租税法理論の新たな可能性を広く考察する。


書籍紹介=有斐閣

 

 

地域金融機関の信託・相続関連業務の手引き

地域金融機関の信託・相続関連業務の手引き

本書はトラスト未来フォーラム研究主幹 田中和明 (編著)の新刊です。

 

新規顧客開拓、相続・信託アドバイス業務に必携!
高齢者の財産管理やサポートのための新しいテキスト!

● 「地域金融機関が信託・相続業務を行っていくための」わかりやすい手引書。
● 信託業務参入のための手法や、家族信託を含めた様々な信託商品の解説等、信託が関わる実務について、わかりやすく解説。
● 金融機関と連携して高齢者をサポートし、相談を受ける専門家にとっても必携の一冊。

 

書籍紹介=日本加除出版

信託法 案内

信託法 案内

はじめて信託法を学ぶ人へ

はじめて信託法を学習する読者に興味を持ち、信託法と実務との関係や問題点についても理解してもらうために、土地信託を事例とし、信託の設定から終了・清算に至るまでを一つの物語として展開する中で、信託法の制度、立法の趣旨等の本質的な仕組み、主要な信託条項の解説、信託法に関する理論と実務の重要な論点を検討する。

 

書籍紹介=勁草書房

人口減少・高齢化・少子化の同時進行の下での日本経済と金融

人口減少・高齢化・少子化の同時進行の下での日本経済と金融

 ★ 本研究叢書は無償配布いたします(送料のみご負担下さい)。

                      ☞オーダーフォーム

 本書は委託研究「人口減少・高齢化・少子化の同時進行の下での日本経済と金融に関する研究」(委託先:大正大学)の研究成果です。

 

<目次>

第1章 人口減少下の地域と金融を考える (小峰隆夫)

第2章 人口オーナス進行下のマネーフローと金融仲介 (金木利公)

第3章 家計による情報取得と金融資産投資:「日本家計パネル調査」のデータによる分析 (祝迫得夫)

第4章 金融機関経営の現在と将来 (真壁昭夫)

第5章 国内預金・国内貸出からみた地銀の役割変化 (鹿庭雄介)

第6章 将来人口推計に基づく都道府県別の個人預金市場規模の将来予測

      ――北海道東北7道県のケース――  (鯉渕賢/後藤瑞貴)

第7章 企業数の減少と金融機関店舗数への影響 (村上義昭)

第8章 高齢者支援による『地域ボーナス』の未来 (吉田和彦)

ページの先頭に戻る