• HOME
  • フィデュシャリーの時代

フィデュシャリー



フィデュシャリー [ 信認 ]の時代  信託と契約
    



著者である樋口範雄教授とご相談し、現在絶版となっている「フィデュシャリー[ 信認 ]の時代 -信託と契約-」について掲示させて頂きました(PDF版でお読み頂けます)。

情報通信ネットワークの浸透、情報格差の拡大、グローバル化と高齢化の進展等を背景に、取引当事者間の関係がより複雑・デリケートなものとなっている中、取引先目線・立場での思考・実践を核とする「フィデュシャリー」に係る考え方は益々重要なものとなっています。

樋口範雄教授は、「フィデュシャリー」の概念を広く日本に紹介された第一人者であり、1999年出版の本書では、信託を代表とする「フィデュシャリー」の意義と広がり等について分かり易く解説されています。「フィデュシャリーの時代」がいよいよ本番を迎えつつあるとも言える今、本書のご一読をお勧めします。

〔本書の掲示にあたっては、出版元である有斐閣の承諾を頂いています。〕



Get ADOBE® READER®




●  PDFを開くには、PDF Reader(最新版推奨)が必要です。

● 本書の無断転載はお断りします。       

ページの先頭に戻る