• HOME
  • トラスト未来フォーラムについて 理事長ご挨拶

トラスト未来フォーラムについて

トラスト未来フォーラムについて 理事長ご挨拶

当財団は、昭和62年(1987年)7月の発足以来、信託制度の普及・発展に資する調査・研究を中心とした活動を続けてまいりました。

この間、信託を取り巻く大きな変化として、改正信託法が平成19年(2007年)9月に施行されたことがあげられます。これは実に84年振りの大改正でしたが、我が国で信託がビジネスや個人の生活の様々な局面で幅広く活用される環境が整ったという意味でたいへん画期的なことと言えます。

これを受けて、最近では少子高齢化の急速な進行への対応が大きな社会的課題となってきたため、従来のビジネスでの利用に加え個人の財産の管理・承継での信託の利用が増加してきています。まさに、漸く、信託の時代が本格的に到来しつつあると言えるのではないでしょうか。当財団としましては、こういった動きをさらに促進し、信託の利用拡大による我が国社会の質的な向上・発展に貢献すべく、信託の調査・研究活動を充実させると共に、信託の普及にも力を入れていく所存です。このような新たな決意のもとに、 この度、財団の名称を「トラスト未来フォーラム」に変更することに致しました。

新たな名称は、今までの「トラスト60」としての活動実績を踏まえながら、「信託の未来へ向けての発展」をイメージすると共に、信託を巡って「幅広い関係者が集う場(フォーラム)」と位置付けたいというものです。

「トラスト未来フォーラム」は、財団名称変更を機に役職員一同新たな決意で「信託の普及・発展」に邁進してまいりますので、何卒温かいご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

平成 26年 10月 1日

顔写真

公益財団法人トラスト未来フォーラム 理事長

ページの先頭に戻る